メール配信の頻度

多すぎず少なすぎない回数とは?

メール配信の頻度を考える時は、まず自分自身が受け取る立場であると想像して考えてみると良いでしょう。毎日配信して貰うと嬉しいか、あるいは週に一回が適切だと感じるかは、その配信される内容によっても異なってきます。例えば、毎日買い物に行く人も珍しくない生鮮食品のスーパーマーケットであれば、その日のおすすめや特売情報を毎日朝に配信するとチラシとして役立てて貰うことができます。反対に、毎週や毎月一度利用する人が多いであろう本屋などであれば、その頻度に合わせて今月の新刊情報などを配信すると良いかもしれません。頻度のミスマッチが発生すると折角の配信が無駄になってしまいかねないため、注意して検討したいところです。

大切なのは価値のある情報をずっと届けること

メール配信の頻度を決める時には、配信する情報の内容をよく検討しましょう。先の例のように、今日の特売情報や今月のおすすめ商品といった、商品そのものをアピールするケースは、あまり難しくはありません。しかし、サービスを提供する会社などは毎回同じ情報を送ることになってしまうため、エッセイやコラムなどを手掛ける必要があります。このような執筆に時間を要する情報の場合は、時間の経過と共にネタ切れとなってしまって滞ってしまう結果になりがちです。とは言え、書きやすいからといって業務に関する日記などを配信しても、親近感を得て貰えるかもしれませんが、受け取る側が喜ぶ情報だとは言い難いでしょう。業界特有の常識やこぼれ話など、作成に時間がかかり過ぎず、なおかつ読み手が知らないであろう価値のある情報になるよう意識することが大切です。