メール配信のタイミング

いつでもいいというわけではない

メール配信によるマーケティングにとって重要なのは、その内容だけではなく配信するタイミングだとされています。
実はメール配信されたものは届けられてから2割ほどは1時間以内に開封されるものの、それ以外のものは1日過ぎるとほとんどメールそのものが開封されないと言われています。このためタイミングを間違えてしまうと開封されることなく破棄されてしまう可能性が高いですし、マーケティングとしての効果も出てこないと考えられているのです。
そのためメール配信はいつでも送ればいいというわけではなく、きちんとタイミングを見計らって配信するようにしなければいけません。それによって成果を上げることができますし、マーケティングとしての効果も高くなります。

タイミングはテストしながら検討する

メール配信のタイミングとしては、一般的に午前中であれば8時や9時、午後からは3時または8時ごろだと言われています。この時間帯は多くの人がメールチェックをするタイミングと考えられているほか、一般的に脳の活動が活発になっていることでメールの内容を把握する余裕があるという見解もあるようです。 ただこれはあくまでも目安であり、メール配信をする対象の年齢層や職業の傾向によっては違ってくる場合もあります。このためメール配信のベストタイミングを調べるためには、いくつかのテストを実施することが大切です。その上で効果が出てくる時間帯やタイミングを把握し、その時間を狙ってメール配信の設定をしておくと成果を上げやすくなると考えられています。

メール配信APIはメール配信の結果や配信予約などのデータを連携させ、情報の一元化をするシステムです。これによりデータを参照する場所が1つになり、データを移動させる手間やミスが減ります。